×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Mud on Your Face

「ってぇーい、いっけぇー!」
齢は十程の少女。
母親の武器を借りてもっぱら退治の練習中。
弧を描いて戻ってくるそれを、彼女はぐいと見据えた。
鋭い眼光は母に似ている。

飛来骨が戻ってくる。

いち、にい、さん……。

「って、うわぁっ……!」
ぬかるんだ地面に足をとられた。
ぐぅ、と滑った草履は止まらなくて、彼女は地面に転がる。

――ぶつかる……!

風の鋭い音を響かせて戻ってくる飛来骨は、幸い彼女の少し横に突き刺さった。
ぱしゃりと泥が跳ねかえる。
それを顔にまともに受けて、ひぃ、と彼女は呻いた。

「ふぁぁ……さ、最悪……」

――母上みたいには上手くいかないかな……。

むぅ、と口を結んで澄んだ空を見上げる。

父と母は、四魂の玉というもののために出会い、そして奈落という物の怪を倒し、結ばれたという。
父にはその奈落からの恐ろしい呪いがあったのだとか。
そして、今彼女からは仲睦まじいとしか思えない両親も、父が浮気性でいつもいつも母に殴られていたとか。
法師さまってばね、と笑いながら話す母を思い浮かべる。
その類の話を始めると、いつも決まって父はちょ、ちょっと珊瑚! と言って気まずい表情で話を止めようとする。

――でも結局、仲良いじゃん。

いつも互いを思いやり、自分と妹や弟を心配してくれる両親。
恋だの何だの、分かるような分からぬような年頃ではあったが、父母の絆は、固い。
幼い彼女にもそれは分かった。
なんだかそう思うと嬉しくて、自分にも将来そんな人って出来るのかなあ、なんて思案にふけってしまう。
でも、妹と違って自分は男の子と話すのが苦手で。

泥まみれの顔に、自然と微笑みが刻まれた。
母の武器は大きい。
母は強い。

「あたし、絶対母上みたいになるんだから!」
力強くこぶしを握りしめて、太陽に誓う。

「あ、宮平(くびら)〜!」

「げ」

突如、後から聞こえた妹の声に宮平は顔を強張らせる。
妹だ。
握り締めた拳そのままにゆっくりと振り向くと、予想通りの妹の姿があった。

何人かの男子に囲まれて、へらりと笑いながら彼女に近づいて来る。

――また、やってる……!

妹のこういう様が潔癖な宮平には気に食わなくて、どうしてもこういった情景を見ると苛立つ。

「金平(きびら)! またそんなことして! 母上に怒られるよ!」
もうっ、と衣服の泥を払って妹に食ってかかる。
「だいじょうぶー。姉さんこそ、泥まみれで何やってんのさ」
「見れば分かるでしょ!」
くくく、と馬鹿にするかのように笑う妹になお腹が立つ。

「うりゃっ!」
宮平は足元の泥を丸めて、妹の顔にぶつけた。
「わっ……! 何すんの!」
思わず腕を構えた金平だったが、泥はべちゃりと彼女の顔に命中した。

「さ、最悪……わたしの可愛い顔が……」
着物の袖で必死にぬぐうが、なかなか取れない。
「宮平の馬鹿!」
妹は、仕返しにと泥を投げ返してくる。

金平を取り捲いていた男子どもは、また始まった、という顔でその様を見ている。
やがてその中の一人が、これで拭け、と布きれを二人に取り出した。

「あ、ありがと……」
たったそれだけで強張る宮平の声とは反対に、金平は気がきくね、と返してにこっと笑ってそれを受取る。
泥まみれでもなんだか可愛らしい。
それだけで何とも、自己嫌悪に陥る。

「宮平、さま?」
布きれを差し出した少年が声をかけてきた。
「さ、さまなんて、い、いらない! 宮平で、いい!」
「いえ、でも、あ、あの……」
若干頬を赤らめ、俯く少年。
「こ、これ……」
ぐいと差し出された腕には、櫛が握られていた。

「は、はい?」
「こ、これをあなたに……っ……!」
少年は無理矢理宮平に櫛を押し付け、俯いたまま、走り去ってしまった。
金平はじめ、取り巻きの男子も彼を目線で追う。

――なんで、櫛なんかくれるの……?

「ふぅん」
からかうような目で姉を見て、金平は言った。
「……あいつ、わたしじゃなくて宮平姉さんにお熱なんだ」
ふふふ、と笑う妹だが、宮平は彼女の言う意味が分からない。

「お熱……?」
「好き、ってことよ」

――好き? あたしを?

持て余した櫛を見つめて、宮平は考える。

――話したことはあったけど……いい子だったけど……でもそれは金平のそばにいたからで……。

でも。
無意識に宮平の顔が朱に染まる。

「あはははっ、姉さんったらそんなことで照れちゃって!」
「う、うるさいっ!」
思わず妹に掴みかかろうとした時、突如、静止が入った。

「おやめなさい」

「ち、父上……と、母上」
櫛がぽろりと足元に落ちる。
「おや、それはどうしたのですか?」
父の言葉に宮平の顔はさらに赤くなる。

「それはねー、えへへ」
こうこうこうで、と。
金平は父の耳元で囁く。

「ほぉーう」
「何、法師さま」

「この櫛、宮平が男子から贈られたものだそうですよ」
「へぇ、良かったじゃないか」
「良くありませんっ!」
弥勒の即答。
なぜか怒りの気配が滲む。

「いいですか、宮平、その男には注意なさい。それから金平! お前、男子と戯れるのはいいが限度をわきまえなさい!」
「法師さま……」

宮平はともかく、妹の金平の性格は明らかに法師に似ている。
誰のせいだ、と心の中思いつつ、その親ばかぶりには微笑ましさも感じた。
珊瑚はくすりと笑う。

「何です!」
「法師さま……自分のこと棚に上げて」
「いいですか! 男と女は違うんです! だからだめなんです!」
「いいから、落ち着いてってば」
笑いを止めることが出来ないまま、弥勒の肩をぽんと叩く。

「二人とも、もう日が暮れるから家に入りな。その泥も洗わないと」

「はい」
「うん」

姉妹は双方答えて、金平はじゃあね、と周りの男子に手を振った後、庵に駈け出した。
先に駈け出していた宮平の手をそっと握ったのは、少しばかり悪かったという詫びの印だ。

***

闇夜の静けさが鳴る。
夜露さえ息を止めるこの刻限。
三人の子供はもう眠った。
弥勒と珊瑚は二人、外で月見でもしながら酒を嗜んでいた。
もっとも珊瑚は、酌をするだけだったが。

「金平は法師さまに似てるんだよ。かごめちゃんが言ってたよ。いでん、ってやつだって」
「知りませんけど……おなごがああいうことをするのは、良くない」
「まあ、あたしもちょっと大変だなって思うけどさ」
ふふ、と笑って珊瑚は弥勒の肩にもたれかかる。
「宮平、どうなのかな」
「知りません」
拗ねたままの彼に珊瑚は唸る。
「ほんっと、親ばか……」
「父親として、娘の将来を心配するのは当たり前でしょう」
ごくり、と酒を飲み干して弥勒は低く呟く。

「じゃあさ、あたしの父上が法師さまのこと見たら心配するって思わない?」
「……昔の話でしょう。今はお前だけだ」
「ふふ、でも金平もさ、法師さまに似てるなら……案外、ちゃんと選ぶ子だってあたしは思うよ?」
母親として、見ていてそれは分かる。
金平はわきまえている。

「……そうだといいですけどねえ」
はぁ、と深々と溜息をついて、弥勒は肩をすくめた。

「ねえ」
「何です?」
「あの子たち、どんな未来をつかむのかな」

「そうですねえ……」

親として、思い描くのは平穏で安泰な生活。
けれど、運命は見えない。
二人が出会ったのと同じように。

珊瑚は、弥勒の手甲のない右手に、そっと己の左手を重ねた。
ゆるりと弥勒は指を絡めてくる。

心地良い体温。

泥まみれで、道端で大きな音を出して騒いで、一体どこへ行くのやら。
けれど、いつか大きな人間になるだろう。
ぶちあたる壁を思い切り壊して。
少女になった時、反抗して道端で叫んで、世間の不条理に血も浴びるだろう。
けれど、信じるものを振りかざすだろう。
そして年老いた時……静かな平和な心を抱くだろう。
我が子にそっと支えられながら。

大丈夫、どんな苦難もあたしたちの子なら乗り越えられる。

――どうか、愛しい子に幸あれ。

二人の願いは、同じ。



fin.



2369を踏まれた菜々香さんのキリリク、「双子ちゃん」でした。
いかがでしたでしょうか。
双子を出すにも、しゃべらないのではつまらない、ということでしゃべらせてみたら名前が必要になって、宝石名前か仏教の名前か考えた結果、仏教にしました。
ちょうど、弥勒菩薩の化身前にあたる十二神将が「宮毘羅」と「金毘羅」とセットだったので、ちょっと加工してこの名前にしました。
もう少し、最後に二人のラブシーンを入れてみたかったのですが、子供中心という時間で大人の時間は置いておきました(笑)
最後の文、及びタイトルは、なんとなく気付いている方もいらっしゃるかもしれませんが、We Will Rock Youの歌詞からの私なりの加工です。
菜々香さん、リクにはきちんとお応えできてますでしょうか。
若干の不安を残しつつ。
ここまで読んで下さってありがとうございました。

2009.06.14 漆間 周